• 西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE
  • 葛西なぎさキャピタル鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE

スタッフブログ

夏のシーズンが到来。熱中症対策は大丈夫でしょうか?

夏のシーズンが到来。熱中症対策は大丈夫でしょうか?

皆さんこんにちは。西葛西ゼロスポ鍼灸・整骨院です。
7月中旬を過ぎて一気に夏らしい気候になって来ましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?この季節になれば一番気を付けなければならないのが『熱中症』です。近年、残暑も含めて気温が高い日が長く続いているので対策に関しては少しずつ知識は定着しつつありますが、改めてこのブログを読んでいる皆さんと一緒に再確認できたらと思っております。

暑い日にこの様な症状を経験された事はございますか?
①めまいや顔のほてり
筋肉痛や筋肉のけいれん
体のだるさや吐き気
汗のかきかたがおかしい
体温が高い、皮ふの異常
呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
水分補給ができない

これらの症状、状態は熱中症の兆候が現れているもしくは起きている状態になっています。なぜこの様な症状になっていくのでしょうか?
暑さで体温が上昇すると体にこもった熱を外に出さなければなりません。その為に体の反応として皮膚を通る血管が拡張して熱を逃します。そうなると全身を流れる血液の量が減り、血圧が下がることによって顔面の血の気が失せて目眩や立ちくらみ、一時的な失神へと繋がります。これが熱失神に繋がります。ただ、これらの症状が出ることが少なく
全身の倦怠感(だるさ)や吐き気・嘔吐、頭痛などを伴うこともあります。熱失神では、脳への血流が損なわれるために、一時的に気を失い、突然バタンと倒れるようなケースがよく見られます。

暑さは筋肉にも影響を与えます。長時間炎天下の中で運動を行うことで熱けいれんの症状が強くなっていきます。初期症状の場合は必ずしも高体温になるわけでは無いのですが、手足のしびれ・手足の筋肉がピクピクする・こむら返りが起きやすくなるなど部分的に生じるのが熱けいれんの症状だったりもします。この原因としては大量の汗をかくと水分だけでなくナトリウムなどの塩分も失われていきます。水だけを補給しただけでは血中の塩分濃度も下がってしまい、手足の筋肉の収縮が起こり熱けいれんを生じるリスクを上げてしまいます。 汗をかかなくなると体内に熱がこもり、体温調節も出来ず最悪の場合死にいたることもあります。

これらの症状を少しでも悪化させない為にもまず行うことが『身体中を冷やす!!』事です。ガイドラインも少しずつ普及されて認知してきましたが、これが出来ているように思えてしまう事があります。もう一度正しい知識をお互いに学んでいきましょう!!
まずは、熱中症対策の基本である意識の確認から始めます。意識がはっきりせず、朦朧としている場合はすぐに医療機関へ。

このとき保冷剤を用いたりして冷やす場合は脇の下・股関節の付け根(そけい部付近)・首筋に当てて行きましょう。太く、大きい血管が近くで通っているのでそこから冷やされて身体中を巡らせることが出来ます。

またスポーツドリンクや0.1~0.2%の濃度の食塩水(1ℓの水に対して1~2gの食塩を加えたもの)を補給することで、水分だけでなく、失われた塩分も補給しましょう。塩分補給には、塩分を含む飴・タブレットや梅干しなどもおすすめです。 現在はコロナウィルスの関係でマスク着用をしながらの外出が今年も続いております。呼吸が苦しかったり、熱がこもってしまったら周りとの距離感に気を付けながら外したりしましょう!! 

筋肉にも熱がこもることで硬くなったりして普段とは違った痛みを起こす場合もあります。この場合は筋肉をしっかりとほぐす事も大切になってきますので、我々ゼロスポ鍼灸・整骨院が身体の状態を見ながらサポートさせて頂けたらと思います。熱中症の初期症状にも効くツボもあります。『陽谷(ようこく)』『内関(ないかん)』は一例でもあります。体の熱を冷ませたり、めまいや吐き気に効果的なツボなので左右両方押してみてください。

 

 

皆様、今年も10月まで厳しい残暑が残る可能性もありますので様々な熱中症対策を持って乗り切りって行きましょう!!

お問い合わせ

西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院

LINE

診療時間

住所
〒134-088
東京都江戸川区西葛西3-22-6-112
アクセス
西葛西駅北口から徒歩5分

葛西なぎさキャピタル鍼灸整骨院

LINE

診療時間

住所
〒134-0085
東京都江戸川区南葛西7-1-7
なぎさニュータウン7号棟1階
アクセス
バス停「なぎさニュータウン」
から徒歩3分