• 西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE
  • 葛西なぎさキャピタル鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE

更年期障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 頭痛や動悸、胃痛など様々な不調が一度に起きている
  • 怒りっぽくなったり落ち込みやすくなった
  • すぐ頭に血が昇る感じがする
  • 急な目眩や立ちくらみが増えた
  • 眠りが浅く睡眠不足である

一般的な更年期障害の原因|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 葛西

更年期障害とは、一般的にホルモンバランスの乱れが原因となって引き起こされると言われています。

具体的には、「エストロゲン」と呼ばれるホルモンです。このエストロゲンは女性ホルモンの一種ですが、女性ホルモンの中でもより女性という性に密接に関係しているホルモンです。エストロゲンは30代以降から急速に減少し始めます。しかしその変化に体が追いつけず、様々な不調が生じてしまうことがあります。この症状を更年期障害と呼ぶのです。

また、10代や20代など比較的若い年代においても、過度なダイエットや過度のストレスが体に負担をかけることでホルモンバランスの乱れが生じ、若年性更年期障害を引き起こす可能性があります。

エストロゲンの分泌は30代以降から確かに減少していくのですが、脳における視床下部という部位は「エストロゲンを分泌せよ」という命令を発し続けます。この部位はエストロゲンの分泌をコントロールしている部位です。脳から命令されるものの、身体自体はその命令についていけないわけですから、脳と身体の間に齟齬が生じて不調が引き起こされます。

さらに、視床下部は自律神経のコントロールも司っています。そのため視床下部に混乱が起こると、自律神経が乱れて体温や発汗をうまく調節できなくなったり、抑うつ状態になりやすくなったりしてしまうのです。

一般的な「更年期障害」の対処法|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 葛西

更年期障害に悩まされる方の多くは、病院に行って薬を処方してもらうか、症状が自然に治るのを待つか、そのどちらかの行動を取ることがほとんどです。

病院で処方してもらう薬というのは、分泌量が少なくなった女性ホルモンを補う薬です。

足りなかった女性ホルモンが十分に補填されるため、このような薬によって更年期障害が改善するケースも見られます。しかし同時に、女性ホルモンが多くなりすぎると乳がんのリスクが上昇するというデメリットもあります。

薬を服用することは更年期障害の改善にはなるかもしれませんが、派生問題として重大な病気のリスクを抱えてしまうことにもつながるのです。

当院の更年期障害の施術方法|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 葛西

当院では更年期障害の改善に向け、大きく分けて2つの施術を行います。

①鍼灸治療

鍼灸治療は、WHOからも女性の「生理不順」「生理痛」「冷え性」などに有効であると正式に認められている治療法です。当院では東洋医学的な観点からお客様のお体の状態を見極め、余計な負荷がかからないよう全身の血流改善や自律神経の調節を行います。このように体の根本へアプローチしていくことによって、お客様の自己治癒力を高めることにもつながります。

②ゼロ整体

お客様が普段どのような生活をされているか、どのような習慣をお持ちなのかということをヒアリングしたうえで、お客様の骨格の歪みを探り改善していきます。骨格の歪みを矯正することで、それまで骨格の歪みによってもたらされていた悪い姿勢などを改善します。また、骨格の改善により圧迫されていた筋肉もほぐされるので、肩こりなども解消することができます。

お問い合わせ

西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院

LINE

診療時間

住所
〒134-088
東京都江戸川区西葛西3-22-6-112
アクセス
西葛西駅北口から徒歩5分

葛西なぎさキャピタル鍼灸整骨院

LINE

診療時間

住所
〒134-0085
東京都江戸川区南葛西7-1-7
なぎさニュータウン7号棟1階
アクセス
バス停「なぎさニュータウン」
から徒歩3分