• 西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE
  • web
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 篠崎
  • TEL
  • LINE

スタッフブログ

厳しい暑さを乗り切る為には熱中症だけでなく冷え性も!?  ゼロスポ鍼灸・整骨院

厳しい暑さを乗り切る為には熱中症だけでなく冷え性も!?  ゼロスポ鍼灸・整骨院

こんにちは!!  ゼロスポ鍼灸・整骨院です。

7月の前半は暑さの中にも日陰に入れば涼しい気候だったのが、後半に入って雨季が続いて湿気を含んだいつもの夏の季節になってきました。今年も10月まで厳しい暑さが続く可能性があるのでエアコンも手放せなくなるかと思いますが、体調を崩さないように過ごしてほしいと思います。

それに因んで、今回のブログは『熱中症』『血流を良くして行くためのストレッチ(冷え改善)』にトピックを当ててお話ししたいと思います!!

 

『熱中症』はほとんどの方々が馴染みのあるワードになっており、中々エアコンを付けず扇風機などの自然風で暑さを凌ぐ高齢者の方々がまだ多く見受けられる事が多いのが現状です。私も整骨院でご年配の方々に聞くと扇風機や窓を開けて過ごしているという方やエアコンの設定温度が27、8度で過ごしているという声を聞きます。 近年では熱中症で病院へ搬送されたり、最悪の場合亡くなってしまう事が多いようです。
熱中症の症状として大まかに下記の7つが言えると思います。

めまいや顔のほてり
筋肉の痙攣や筋肉痛
からだのだるさ、吐き気
汗のかき方の異常
体温が高すぎる
呼びかけに反応出来なかったり、まっすぐ歩けない
自力での水分補給が出来ない。


熱中症を引き起こす条件としては「環境」「からだ」「行動」が考えられます。
「環境」としては皆さんもご想像できるかと思いますが、 『気温・湿度が高い、
風が弱い、日差しが強い、締め切った屋内、エアコンの無い部屋、急に暑くなった日』が挙げらると思います。 急に暑くなった日は身体が暑さに慣れていないので体調を崩しやすく体外へ熱を逃すまで時間が掛かったりします。

「からだ」は暑さに対しての抵抗力が弱い方、暑さに鈍感な方がターゲットになります。例を挙げさせてもらいますと高齢者・乳幼児、糖尿病・精神疾患といった持病、低栄養状態などが考えられます。

「行動」は一般的ではありますが激しい運動や慣れてない運動、長時間の屋外作業や水分補給出来ていない状況が危険であります。運動は筋肉からでも熱が発生するのと同時に水分も抜けて来るので、筋肉の熱けいれんが起きやすくなったりする場合があります。

熱中症の予防としてはもちろん、こまめな水分補給を取ることが大切ではありますが理想としてはスポーツドリンクみたいなナトリウムが入っているものが好ましいです。そうする事で筋肉に水分を留めておく力が働きやすくなり、攣ったりするのも予防出来ます。
もし熱中症の疑いがある方がいてやるべき事は涼しい所に移動して身体を冷やしてあげる事です。体温を下げる事は大前提ではあるので優先的にやってあげて下さい。脇の下脚の付け根太い血管が通っているので更に良い効果が期待出来ます。 水分補給は自力で飲めるのでは有れば取って欲しいですが、無理に飲まさないように気をつけて下さい。意識が無いくらいに重篤化していたら先ずは躊躇せずに救急車を呼んで下さい。来るまでの間で
「涼しい場所に移動させる」「衣服を脱がし、体を冷やす」は必ず行いましょう!

 

続きまして、『血流を良くして行くためのストレッチ(冷え改善)』の話題です。

熱中症の後に冷えの話をして矛盾した感じはしますが、私たちの天敵でもある『夏バテ』があります。憂鬱になったりして運動も疎かになり食生活も不規則になりがちのこの季節は体調を崩しやすくなったりもします。そして、女性には『冷え性』が気になってしまう方も見受けられます。夏の時期に血流を改善して代謝を上げる事で冬の時期での冷え性の度合いを少しでも抑える事が出来ます。
外からの冷えだけでなく内からの冷えも合わさってしまうと血の巡りが悪くなり、自律神経が乱れることによって体温調節が上手く行えにくい身体になってしまいます。そして、先ほどにも軽く書かせて頂いた女性の冷え性が「冷房による冷え」で約6割ほど悩んでいるらしく、外気と室内の温度差で体調不良の原因では無いのかとも言われるようになってきているみたいです。

その為の対策の一つとして、血流を促進させる為にゼロスポ鍼灸・整骨院から下肢のストレッチをご紹介したいと思います。
下肢は大きな血管が通っているのと筋肉量的にも脚周りは多くあるので刺激を与えれば代謝量を促すことも出来て冷え性の改善が見込めます!!

お尻のストレッチ
始めにこの様な形で四つん這いになります。

次にかがむ様な形でお尻とかかとを付けます。

最後に一方の足を伸ばして、この様な姿勢を取るとお尻の筋肉が伸ばされて行きます。

理想は、床に肘を付けるぐらいに上半身をかがめるとストレッチ効果が更に増してきます!!
左右の脚で約20秒ずつかけて2セットずつ行って下さい。

 

②腿裏ストレッチ

仰向けの状態になって片足を下の写真の様に膝裏に抱え込んで脚を伸ばします。
写真の体勢から少しずつ地に着いている脚を伸ばすとストレッチ効果が上がります。
これを交互で約20秒ずつかけて2セットずつ行って下さい。

 

③前モモのストレッチ

このストレッチはポピュラーなストレッチかと思います。座り姿勢で片足を折り畳み、後ろに手を着けて
上半身を後ろに倒すと前モモにしっかりとストレッチが効いてきます。これも左右約20秒ずつ2セット行いましょう。

 

④ふくらはぎのストレッチ

伸ばしたい方の足を後方に置いて、かかとをしっかりと踏み込んだ状態で前に体重をかけながらふくらはぎを
伸ばして行きます。ふくらはぎは第2の心臓と言われるほど筋肉が血液のポンプ代わりになるので刺激を与える
べき筋肉だと言えます。これも左右20秒ずつ2セット行いましょう!

 

まだまだ、猛暑シーズンとしては始まったばかりではありますがこれらを参考にして夏を過ごして頂けたら嬉しいです。健康習慣作りをゼロスポ鍼灸・整骨院は提供出来るよう様々なサポートをさせて頂きますので気兼ねなくご相談ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

お問い合わせ

西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院

LINE

web

診療時間

住所
〒134-088
東京都江戸川区西葛西3-22-6-112
アクセス
西葛西駅北口から徒歩5分

ゼロスポ鍼灸・整骨院 篠崎

LINE

診療時間

住所
〒133-0054
東京都江戸川区上篠崎4丁目27-5
篠崎パークマンション 1F