• 西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE
  • web
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 篠崎
  • TEL
  • LINE

スタッフブログ

ヘルニアと坐骨神経痛のは症状は似ているようで似てない!? 江戸川区ゼロスポ鍼灸・整骨院|江戸川区西葛西ゼロスポ鍼灸・整骨院

ヘルニアと坐骨神経痛のは症状は似ているようで似てない!? 江戸川区ゼロスポ鍼灸・整骨院

こんにちは! 江戸川区ゼロスポ鍼灸・整骨院です!

今回は、季節の変わり目に起こりやすい腰痛の中からヘルニア坐骨神経痛の違いについてご紹介していこうと思います!

 

突然ですが、皆さんはヘルニアや坐骨神経痛という言葉をよく耳にするかと思いますが、
どんなイメージをお持ちでしょうか?🤔

まずは、皆さんもどこで一度は見かけた事あるかと思いますこちらをご覧ください!

 

 

こちらが一般的に呼ばれている【背骨】です!
今回はヘルニアと坐骨神経痛の違いについてという事なので、腰椎の構造と合わせてもう少し詳しくお話ししていきます!

椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間でクッションの役目をしているのが椎間板です。椎間板の周囲を線維輪といいます!中心にはゼリー状の髄核が含まれる“今川焼き”のような構造をしています。

 

日常生活上の負担などで線維輪(生地)に負荷がかかり髄核(餡子)が飛び出てくることがあり、
この飛び出した餡子のことを【ヘルニアと呼びます。

ヘルニアが周囲の神経を圧迫して痛みやシビレを引き起こします⚡️
椎間板は骨と骨の間のクッションの役割にあたり、頭を支える頚椎から骨盤につながる腰椎まで背骨全ての椎間で椎間板ヘルニアになってしまう可能性があるんです、、

重い身体を支えるために負荷が大きい腰椎で特に生じやすく、その中でも可動性の大きい下位腰椎(骨盤に近い所)
で発生する頻度が高くなってしまいます😭

『ヘルニアに関するQ&A』

Q1.椎間板ヘルニアとはどんな病気ですか?
A.椎間板ヘルニアとは、背骨の骨と骨の間にある椎間板というものの一部が飛び出して神経に当たり、足の痛み、しびれなどの症状が出る病気です。
椎間板は背骨の骨と骨の間のクッションのようなもので、椎間板のおかげで背骨がしなやかに動くことができます。背骨の後ろ側には脊柱管という骨に囲まれた空間があり、この中には脳と足をつなぐ神経が通っています。ここに椎間板が飛び出して神経が押されると、その神経が伸びて行った先の足の痛みやしびれを感じたり、手足が動き難くなったりするわけです。

Q2.椎間板ヘルニアではどんな症状が出ますか?
A.腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)では、主にお尻や足の痛みしびれ動かしにくい力が入りにくいという症状が出ます。痛みやしびれは下半身のどこにでも出る可能性がありますが、特にお尻から太ももの裏側の痛みは坐骨神経痛と呼ばれ、腰のヘルニアの代表的な症状です。
また、神経が非常に強く押されている場合にはおしっこやお通じが出にくい漏れてしまうという症状が出ることもあります。
これらの症状は脊柱管狭窄症という病気などでも出ることがあり、症状だけでは区別がつかないことも多いです。

次に坐骨神経痛についてです!

坐骨神経痛とは、病名ではなく現れる症状の事でお尻から下肢にかけて痛みやシビレが続く状態を
【坐骨神経痛】と呼びます。

坐骨神経は、坐骨を通りお尻の深い所にある筋肉梨状筋(りじょうきん)』を抜け足へ向かう末梢神経です。
末梢神経は
脳と脊髄からなる中枢神経と身体の各部を結び、体を自由に動かしたり、温度を感じたりする
“伝導路”で、主に3つの神経から構成されています!

(1)運動神経脳から指令を送り、体の各部位を動かす神経
(2)知覚神経痛みや温度などの感覚を、皮膚、筋肉、関節を介して中枢に伝える神経
(3)自律神経意志とは無関係に、内臓、血管、腺などの機能を調整する神経


※痛みやシビレが現れる部位は上の写真の色で塗られた範囲に現れます。

私たちの下肢が自由に動かせたり、バランスよく歩く事が出来るのは末梢神経である「坐骨神経」
しっかりと働いてくれるおかげなんです!

 

坐骨神経痛に関するQ&A

Q1.坐骨神経は身体のどこにありますか?
A. 腰椎や仙椎などの脊椎の神経が寄り集まって坐骨神経となります。そしてお尻の方へ向かい、梨状筋の下を通り、大殿筋の下を通ってさらに下へ向かい、ふくらはぎや足の裏に分布します。

Q2.坐骨神経痛とはどんな病気ですか?
A. 坐骨神経の通り道の何処かで圧迫や締め付けが起こったときに生じる痛みの総称です。発生頻度は1.6~43%で、肉体労働をしている人に頻度が高く、腰痛患者の5~10%に坐骨神経痛を伴うと報告されています。
原因としては、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腫瘍、梨状筋症候群、骨盤内臓疾患、帯状疱疹などが挙げられます。神経根の圧迫による坐骨神経痛の原因として、椎間板ヘルニアによるものが90%を占めるとする報告もありますが、高齢化により脊椎の変形疾患である脊柱管狭窄症によるものが増加しつつあります。
症状は、お尻、太ももの裏、ふくらはぎ、足の裏、足の指などの痺れ痛さです。少し気になる程度の軽い痛みから腰を伸ばす事も仰向けに寝る事も出来ないほどの強い痛みまで程度は様々です。神経が障害される事による症状なので、切り傷や打撲などと痛みの感じ方が異なります。「ビリビリする痛み」「重苦しい痛み」「電気が走るような痛み」、「焼け火箸を差し込まれるような痛み」、「電撃痛」、「冷たい痛み」などで表現されます。特定の体勢で症状が強くなる場合があります。

 

江戸川区ゼロスポ鍼灸・整骨院では、この様な症状の方に当院独自のゼロ整体、楽トレ、鍼灸治療など
色々な治療があります!

当院独自の《ゼロ整体》とは??
・年間約5万人の患者さんから支持!
・カラダの負担を軽減し、今ある身体の能力を
 最大限生かすためのオリジナル施術!
・カラダの筋・筋膜の歪みをとることで
「自然治癒力を高める」効果があり、姿勢を調整!

内容としては、
マッサージ、ストレッチ、トレーニング、姿勢矯正、猫背矯正などをやっていきます!💪
お家でできるセルフケアもお身体の状態に合わせてお伝えしていきます!

またヘルニアや坐骨神経痛では、
身体の軸となる背骨を支える為にインナーマッスル刺激を入れ維持する事が必要です!
インナーマッスルとは、身体の奥深くにある筋肉で関節を支える筋肉で
アウターマッスルは、表面にある筋肉で関節を動かす筋肉となっています(我々が普段自分の意思で動かせる筋肉)。

インナーマッスルは
自分で鍛えるには大変な筋肉で毎日トレーニングをして2〜3年してインナーマッスルが鍛えられると言われています!
毎日トレーニングするのは大変ですよね?なので、当院では『楽トレというEMS治療も取り入れております!

皆さんは歩いている時に躓く事はありませんか?👟
インナーマッスルが弱くなってくると足の上がりにも関係してきます。他にも、腰痛やぽっこりお腹、姿勢が悪くなり肩コリや頭痛の原因にもなりやすいのでこの様な症状をお持ちの方は
是非一度、当院で治療を行ってみませんか?

江戸川区ゼロスポ鍼灸・整骨院で一緒に痛みや不調の出にくい体づくりを目指していきましょう😆
お気軽にご相談ください!お待ちしております!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!!

お問い合わせ

西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院

LINE

web

診療時間

住所
〒134-088
東京都江戸川区西葛西3-22-6-112
アクセス
西葛西駅北口から徒歩5分

ゼロスポ鍼灸・整骨院 篠崎

LINE

診療時間

住所
〒133-0054
東京都江戸川区上篠崎4丁目27-5
篠崎パークマンション 1F