• 西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE
  • ゼロスポ鍼灸・整骨院 篠崎
  • TEL
  • LINE

スタッフブログ

変形性膝関節症とは? ゼロスポ鍼灸整骨院 篠崎 |江戸川区西葛西ゼロスポ鍼灸・整骨院

変形性膝関節症とは? ゼロスポ鍼灸整骨院 篠崎 

変形性膝関節症とは?

みなさんこんにちは!
 
東京都江戸川区 ゼロスポ鍼灸整骨院西葛西
         ゼロスポ鍼灸整骨院篠崎   です!

今回は、変形性膝関節症についてお話ししていきます。

中高年になると膝に痛みを感じる人が多くいます。

その多くが変形性膝関節症によるものです。

この症状は一気に現れず、何年かかけて進行していくのが特徴です。

そこで変形性膝関節症の症状について段階を追って説明していきます!

 

初期

膝関節の軟骨が加齢や筋力の低下に伴いすり減る。

それによって関節の隙間が狭くなります。

症状

膝のこわばりや動かしにくさ、鈍い痛みを感じます。

もう少し進むと正座や階段の上り下り、急な方向転換の際に痛みが生じます。

 

中期

初期より更に軟骨がすり減る。

それによって関節の縁から骨棘と呼ばれるトゲのような突起物ができる。

症状

中期になると休んでも膝の痛みが消えなくなります。

正座や階段の上り下りが痛みがつらくて困難になり、関節の内側の炎症が

進むため膝の腫れや熱感があらわれます。また膝の変形も目立つようになります。

 

後期

すり減っていた軟骨がなくなり骨が直接ぶつかるため激しい痛みを引き起こす。

症状

初期、中期段階でみられた症状がすべて悪化するため、普通に歩いたり、座ったり、

しゃがんだりするのも困難になります。日常生活に影響を及ぼすため行動範囲が狭まったりなど

精神的な負担も大きくなることが多くなります。

変形性膝関節症は、段階的に症状が悪化していくものになります。

そのため膝に違和感が出始めた早期から対策をしていくことが大事になります!

ご自身で出来る対策としては、ウォーキングなどの有酸素運動、簡単な筋トレやストレッチをする事です!

膝周囲の筋肉の硬さを取り、膝の周りの筋肉を鍛えることで膝の負担を軽減させることで、

膝の周りの筋力が落ちて、関節の安定性が悪くなりますます膝に負担がかかって痛みが強くなるという悪循環をたちきることができます! 

ですがどのくらい運動すればいいのか、どこをストレッチすればいいのか分からない方もいると思います!

そこで当院です!
当院では、丁寧なカウセンリグと検査を行い、当院オリジナルの「ゼロ整体」

患者様に合わせた治療を提供するとともに、一人一人に合わせたセルフケアもお教えさせていただきます!

 

膝の症状以外でも何かお悩み、ご相談したい事があれば

江戸川区のゼロスポ鍼灸・整骨院 西葛西 篠崎にお気軽にお電話してください!

お問い合わせ

西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院

LINE

診療時間

住所
〒134-088
東京都江戸川区西葛西3-22-6-112
アクセス
西葛西駅北口から徒歩5分

ゼロスポ鍼灸・整骨院 篠崎

LINE

診療時間

住所
〒133-0054
東京都江戸川区上篠崎4丁目27-5
篠崎パークマンション 1F