• 西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE
  • 葛西なぎさキャピタル鍼灸整骨院
  • TEL
  • LINE

月経前症候群(PMS)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 下腹部痛・吐き気・倦怠感などが続いている
  • 胸が張って痛い
  • 下痢や便秘になることが多い
  • イライラや悲壮感が襲い、精神的に不安定になる
  • 生理の2週間前から眠くて仕方がなく、家事や仕事に悪影響をがある
  • 育児や家事にやる気が出ない
  • 薬で症状は軽くなるが、できれば飲みたくない

一般的な生理前症候群 PMSの原因|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 葛西

生理前症候群(PMS)の一般的な原因は、ホルモンバランスが崩れることです。

生理の前になると、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが急激に増えます。黄体ホルモンは受精卵の着床を促してくれたり、乳汁の分泌を促したりする役割を担っており、生理が起こると同時に一気に減ってしまいます。このときの大きな落差が原因で、ホルモンバランスが崩れたと身体が勘違いしてしまい、自律神経のバランスが乱れ、PMSを引き起こすと考えられています。

自律神経とは、私たちの中の無意識の部分で体を調節してくれている器官であり、このバランスが崩れると身体の様々な所に影響がでます。例えば「普段なら気にしないことでイライラする」「生理前に急に頭痛が増える」「吐き気や下痢・便秘などが起きる」といった症状に繋がるのです。

また、黄体ホルモンは水分を溜め込む作用があるため、むくみなどの症状が出てくる場合もあります。

PMSの原因は、偏った食生活や甲状腺の機能低下、精神的なストレス、副腎皮質機能不全なども考えられています。さまざまな原因が折り重なりあってPMSを引き起こしている場合もあるのです。そして、症状の出方もさまざまであり、複数の症状が同時に出現することも少なくありません。

しかし「様々な不調が生理前にあるけど、いざ生理になるとなんとなく落ち着いてしまう」といった経験をお持ちの女性も多いのではないでしょうか。そのため、しっかりと受診して対処する方は少ない傾向にあります。

一般的な「月経前症候群(PMS)」の対処法は?|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 葛西

一般的なPMSの対処法としては、次のような薬剤の服用が一般的です。

  • * 低用量ピル

  • * ビタミン剤

  • * 鎮痛剤

  • * 抗不安剤、抗うつ剤

子宮筋腫などの病気によってPMSが起こっていると診断された場合は、それに合わせた処置を行います。

PMSは、一時的な改善や緩和はしやすいですが、また次の月になると同じように症状が起こってしまうということも少なくありません。

では、PMSを根本原因から解決するためには、どうすればよいのでしょうか?

当院の生理前症候群の施術方法|ゼロスポ鍼灸・整骨院グループ 葛西

当院は大きく2つの施術を行います。

①鍼灸治療

鍼灸治療は「生理不順や生理痛、冷え性など女性特有の症状に効果がある」とWHOでも正式に発表しています。当院の鍼灸治療は、東洋医学所見で全身の血流改善や自律神経の調節、カラダの状態を診ていき、不調の改善や自己治癒能力の向上を図ります。また、お灸による温熱刺激で特に下肢の血流改善を行い、冷えを解消するのです。

②ゼロ整体

自律神経を整えるためには、ゆがんだ姿勢や骨格を正常な形へ戻す必要があります。そのため、当院ではまず骨盤や骨格のゆがみ、日常生活の送り方、普段の身体の使い方などしっかりヒアリングを行い、姿勢計測を行ないます。視覚的に状態を把握した上で、関節に無理な負荷をかけず、自律神経の正常化を図るのです。

施術ポイントとしては、腹部、腰のツボを刺激して症状の改善を促していきます。筋肉・筋膜の緊張を緩めて血流の改善を図り、さらに骨格調整でバランスを整え、症状を繰り返さない状態へ導きます。

このように、当院では東洋医学とゼロ整体というアプローチポイントで、根本治療を行います。

PMSは、痛みやだるさ、眠気などの症状だけでなく、イライラや憂鬱など、精神的な症状も出ることで日常生活にも支障を来すことが多いでしょう。

もし、あなたがツラいPMSでお悩みでしたら、一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

お問い合わせ

西葛西ゼロスポ鍼灸整骨院

LINE

診療時間

住所
〒134-088
東京都江戸川区西葛西3-22-6-112
アクセス
西葛西駅北口から徒歩5分

葛西なぎさキャピタル鍼灸整骨院

LINE

診療時間

住所
〒134-0085
東京都江戸川区南葛西7-1-7
なぎさニュータウン7号棟1階
アクセス
バス停「なぎさニュータウン」
から徒歩3分